トップページ > 運転アドバイス

運転アドバイス

運転技能が同じでも、その人の性格やくせが運転に大きな影響を与えることがあります。
自分の性格を自覚し、事故を起こさないよう安全運転に努めましょう。

周囲の状況をすばやく判断することが苦手。特に、交通量の多い交差点などでよく考えず行動することがあり、おなじ失敗を何度でも繰り返す傾向がある方。

交差点では、できるだけ広い範囲を見るようにしましょう。 また、どこに危険が潜んでいるかを見抜いて、行動することが事故を未然に防ぐことに繋がります。

なにごとにも活動的。運転も上手でキビキビとした操作ができるが、運転に慣れてくると、自分勝手な操作をしてしまう方。

一つひとつの操作を正確に行っているかときどき自分の運転を自己診断しましょう。周囲の状況によく気を配り、一呼吸おいて行動を開始する気持ちを常に持つといいでしょう。

こまやかな気配りのできるが、細かいことを気にし過ぎて、大事なことを見落としたり、過ぎ去ったことをいつまでも気にするあまり、うわのそらで運転することがある方。

つねに周囲の状況に気を配り、リラックスして運転するようにしましょう。

いつもマイペースで行動できるが、自分中心の考えが強すぎるため周囲への気配りにやや欠けてしまう方。

周囲の交通状況に気を配り、自分が優先であっても相手に譲った方がスムーズな運転ができるようであれば、譲るゆとりを持ちましょう。そのほうが、ストレスも溜まらず快適な運転ができるでしょう。

ページ上へ